婚約指輪にある意味

婚約指輪にある意味とは

婚約指輪の意味について

婚約指輪は、結婚を決心した男性から女性にプレゼントするものです。丸いリングは永遠を表すものです。そして、それを左手の薬指にはめることにも意味があります。左手の薬指には心臓からつながっている大切な血管があるといわれているため、永遠の約束を意味しているのです。そして、ダイヤモンドがついているものが多いのにも意味があり、ダイヤは天然の石の中で一番硬いものなので、二人の愛のかたさ、深さを表しているのです。愛と責任がたっぷり詰まったこの指輪を贈られると幸福感でいっぱいになります。

↑PAGE TOP